ブロードウェイの座席の仕組みとは?

オフ・ブロードウェイ
この記事は約3分で読めます。

ブロードウェイの劇場の座席の作りは、日本の劇場とは全く違います。

初めてだと戸惑うと思いますので、席種や座席番号についてまとめてみました!

今後、写真での解説も増やしていく予定です。

※アイキャッチ画像はシンガポールの劇場です。ブロードウェイではないので悪しからず。

 

チケットの買い方についてはこちらの記事をどうぞ。

初めてでも一人でも大丈夫!ブロードウェイのチケットの買い方!
ブロードウェイに行くことになった友人にまず聞かれるのは、「どの作品がおすすめ?」と「どうやってチケットを買うの?」の2点。今回は後者、チケットの買い方についてご説明します。 基本的なチケットの買い方は3つここからは実際にチケットを...

 

スポンサーリンク

そもそもどんな席があるの?

ここが一番混乱します。日本の劇場とはだいぶ違う席割です。

ブロードウェイの42の劇場は2階もしくは3階建てで500席以上ありますが、日本の劇場と比べると小さく感じると思います。

 

以下、メジャーな席種を記載しました。

なお、これらは一般的な定義ですので、劇場によって異なる可能性もあります。

 

プレミアム席 Premium

1階席前方と2階席前方のいわゆる超良席。

現在も大人気の≪Hamilton≫では、このプレミアム席はなんと$700~1,000ほどのお値段がします…。

 

オーケストラ席 Orchestra

1階席。2階前方席が含まれることもあります。

感覚的には、日本のミュージカルのS席よりお高めのお値段です。

 

メザニン席 Mezzanine

2階席。

Front (前方) とRear (後方) で細分化されることもあります。

メザニンとは厳密には中二階という意味ですが、2階と思っておけば大丈夫です。

 

バルコニー席 Balcony

3階席。

傾斜がきつく、客席内の段差も大きいです。その分、前の人の頭はあまり気になりません。

舞台からはだいぶ遠く感じます。

座ったことがないので写真はありません。ごめんなさい…。

 

その他、立ち見席 (Standing) や見切れ席 (Partial View) が設定されている公演もあります。

これは《Chicago》の立ち見席からの写真です。

 

これどうやって興行を成立させているのか不思議なのですが、チケット代は公演毎に変わるので、一律で決まってはいません。

基本的には平日が安く、土日が高くなっています。

ちなみに上記の2018年9月に観た≪Chicago≫平日ソワレの立ち見席は、開演3分前に購入して$27でした。

 

座席番号の振られ方

これがだいぶわかりにくいです。

劇場内ではスタッフさんが誘導してくれますので、事前に把握しておく必要はありませんが、仕組みはご紹介します。

縦の列は日本と同じ理解で大丈夫です。

アルファベットのAが最前列、B、C、…と後方の列になります。たまーにXA列とかフェイントがありますが。

 

横が問題です。

日本の劇場の場合、劇場全体の下手 (左側) から上手 (右側) に向かって数字が大きくなっていきます。

ですが、ブロードウェイでは、ブロック毎に数字が振り分けられています。

ほとんどの劇場は横3ブロックから構成されており、

上手ブロック (一番右側のブロック) は偶数、

下手ブロック (一番左側のブロック) は奇数、

真ん中のブロックは100番台の数字です。

中央よりが小さい数字で、壁に近づくにつれ大きな数字になります。

 

こんな便利サイトがあります

文字にしてもわかりづらいですね…。

そんなときは、このサイトを利用してみましょう。

New York Theatre Tickets | Shows & What's On | SeatPlan
Book official New York theatre tickets safely & securely online with user seat reviews, view from seat photos & interactive seat plans for New York theatres.

 

このサイト、なんとブロードウェイにある各劇場の座席表が見られるだけでなく、客席からの見え方が細かく載っているんです!

というのも、一般ユーザーが写真やコメントで座席評価をしているという仕組みなので、ざっくばらんな意見がたくさん集まるのです。

ここで実際の見え方を確認しつつ、今買おうとしている席がお値段相応かを確認してみましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました