【感想】『キャッツ』映画版と劇団四季版 (2020年1月鑑賞&観劇)

感想
この記事は約12分で読めます。

2020年1月24日(金)、『キャッツ』の映画が日本でも公開されました!早速初日に鑑賞。

その翌週、1月28日(火)には劇団四季の『キャッツ』を約1年ぶりに観劇しました。

本記事では、両者を比較しつつ、映画版の感想を述べていこうと思います。

 

なお、本記事で舞台版と呼んでいるのは劇団四季の上演バージョンです。

劇団四季版は浅利慶太独自の演出のため、他国で上演されているものとは雰囲気が違います。劇団四季以外で観たことないけど…。

なお、私は「劇団四季版は複数回観たことがあり、サントラもよく聴いている。が、24匹の猫の名前と容姿は一致しない」というライトなオタク層 (というのもよくわかりませんが…) に当てはまります。

 

スポンサーリンク

概要

映画版

日時:2020年1月24日(金)

上映時間:109分

出演:ジュディ・デンチ、イアン・マッケラン、ジェームズ・コーデン、ロビー・フェアチャイルド、フランチェスカ・ヘイワード、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン 他

 

舞台版 (劇団四季)

 
日時:2020年1月28日(火)18時30分開演
 
劇場:キャッツ・シアター (東京都品川区)
 
上演時間:約2時間20分 (休憩20分あり)

 

原作や関連作品

あまり知られていないですが、『キャッツ』の原作は詩集です。

イギリスの有名詩人、T.S.エリオットによる「ポッサムおじさんの猫とつき合う法」という作品です。

 

 

その他、一度映像化もなされていますし、劇団四季版のCDも販売されています。

今回の映画版の字幕も、言葉のチョイスが多少劇団四季版の歌詞を意識しているように感じました。

 

感想とか考察とか

※以下ネタバレあり。注意!※

ビジュアルの問題と衣裳:バストファージョーンズ、マキャビティ、ジェニエニドッツ

日本での映画公開前、北米では『キャッツ』映画版への酷評が相次ぎ、日本でもかなり話題になりました。

一番の批判の的になっていたのが、猫のビジュアル

特に舞台版に触れたことがない人からしたらショッキングでしょうし、舞台版に慣れている人でもCG加工のリアルさが薄気味悪く感じるかもしれません。

しかも体型は人間のまま。

「映画版は観ているうちに慣れる」という意見も多くありますが、気味悪がられるという意図はなかったのに結果的にホラー呼ばわりされてしまっているのは、ある意味失敗と言えるかもしれません。

 

私には、猫の顔や体型よりも衣裳が問題に感じました。

お洋服を着ている猫とそうでない猫がいるのは舞台版も同じですが、バストファージョーンズさんとマキャビティ、なぜあなたたち歌ってる途中に脱いじゃったの?

そこで脱がれてしまうと、もはや全裸で踊っているようにしか見えません。

特にマキャビティについては、ボンバルリーナ (テイラー!) との絡みがあり…。

アメリカの映画評でポルノと表現されていた所以はここでしょうか。見て良いのか、戸惑いました。

 

また、『キャッツ』の良心のジェニエニドッツも品がなさすぎる。

彼女は最初からお洋服を着ていないため、むしろ直視できます。

が、下品。良いおばちゃんであり続けてほしかった。

ジェニエニドッツのシーンについては、次の項目でも触れます。

 

猫以外の動物の存在 (と非存在)

猫以外の動物は、人間、ネズミ、ゴキブリが出てきます。

舞台版では犬もいます。

 

人間の登場は、最初の最初。

というか、人間がゴミ捨て場にヴィクトリアを捨てに来ることで映画版の物語は始まります。舞台版にはこの設定はありません。

ヴィクトリアを捨てた人間は顔までは出ず、ヴィクトリアが入った袋を放り投げたら車に乗ってすぐ帰ってしまいます。

この演出は面白いとは思うのですが、本物の人間が出てきてしまうと「人間の体をした猫」のある種の不気味さが際立ってしまうと思うのです。この不気味さは製作陣は狙っていないはず…。

せいぜい車から腕を伸ばしてヴィクトリアを投げ捨てる…でも良かったのでは?

 

また、ジェリクルキャッツの中には人間に捨てられたわけではない猫もいますよね。

ですが、これだと全員が捨て猫だと観客に錯覚させてしまう恐れもあります

映画版のヴィクトリアが新入りであることを表現したかったのだと思いますが、どうにかもっと別の方法を取れなかったのかと考えてしまいます。

新入りがいると、観客と同じ目線で存在できるため、設定としてはとても良いと思ったのですが…。

 

そういえば、この最初のシーンはゴミ捨て場でしたが、他にゴミが出てくるシーンはなかったですよね。

舞台版の物語は最初から最後までゴミ捨て場 (都会という設定あり) で繰り広げられます。

映画版はもっと”ロンドンの物語”であることを強調したかったのかな。

一番最初にラッセルホテルが出てきたのもとっても好印象でした。最後のほうがの曲の歌詞に出てくるホテルです。

私は中学生くらいのときからミュージカルを観るように…観せてもらうようになったのですが、中学3年生のときにロンドンのラッセルホテルに宿泊したときのこともよく覚えています。

ラッセルホテルは大階段が印象的だったので、それも映画で観てみたかったな~。

 

ネズミとゴキブリ。

前述のジェニエニドッツの曲中にはネズミとゴキブリが出てきます

この子たちも人間が演じている状態。サイズ感が違うだけでジェリクルキャッツたちと同じ表現。

舞台版では、他のジェリクルキャッツたちがお面等をつけてゴキブリのフリをします。

個人的には猫以外の動物をリアルな状態 (いやリアルなのかはわからないけど…) で出して欲しくなかったー。

 

あれ、わんきゃんは?マンゴランぺもなんか違うよ?

2018年8月の大井町での公演から、舞台版には「グレート・ランパスキャット」という曲が追加されています (厳密には復活) 。

犬同士の喧嘩を猫が諫めるという曲なのですが、「わん!きゃん!」という歌詞が耳に残ります。

映画版ではこの曲はなし。

というわけで、我らがジェリクル・キャッツのリーダー、マンカストラップの曲もなし。

ちなみに、マンカストラップを演じるロビー・フェアチャイルドが画面に映るたび、「この顔知ってる…。あ、『パリのアメリカ人』のオリジナルキャストの主役だ!」といちいち驚きました。笑

 

マンゴジェリーとランペルティーザの泥棒カップルの曲も、大井町公演から曲調が変わっています。

が、映画版では以前のバージョン。やっと新しい曲調に慣れてきたところだったのに、突然の懐かしき曲が。

マンゴランぺのキャラも、舞台版よりも悪者感が強くなっていました。マキャビティの手下の一員とか悲しい。なんか中途半端。

 

なぜヴィクトリアが主人公?

前述の通り、ストーリーらしいストーリーがない『キャッツ』において、主人公かつ新入りの猫を存在させることで、『キャッツ』の世界を説明しやすくなります

説明があれば、観客も世界に入っていきやすいですもんね。

 

ではなぜその役割を担ったのがヴィクトリアだったのでしょう?

世の中を知らないくらいの純真無垢さで、グリザベラにも手を差し伸べる存在だからヴィクトリアに焦点を当てたのだと思いますが、それならより幼い猫のシラバブでも良いですよね。

(余談ですが、イギリスにはシラバブというデザートがありますね…笑)

舞台版のシラバブは、グリザベラに対して明らかに他の猫と違う反応を見せます。ここにシラバブの純粋さを感じ取ることができます。

ただ、映画版では、ヴィクトリアとミストフェリーズの間にロマンスの空気が流れます

シラバブにはロマンスを体験させるのはまだ早かったのかもしれません。映画版では驚くほど存在感ゼロでした。

 

また、舞台版でも映画版でも、ミストフェリーズは誘拐されたオールドデュトロノミーを手品で救い出すシーンがあります。

これ相当な無茶振りですよね。手品師なのに。なんで成功したんだろう。

舞台版のこの救出シーンでは、一度ヴィクトリアが身代わりとなり、オールドデュトロノミーが帰ってきます (もちろんヴィクトリアも直後に再登場) 。

映画の鑑賞中、「ヴィクトリアが主人公なのはこの身代わりマジックがあるからか!」とひらめきました。

が、、、、、

まさかの身代わりなし。

ミストフェリーズが何度も失敗したのち、突然オールドデュトロノミーが帰ってきます。ほんと突然。なぜ後ろから?

いやいやせっかくならヴィクトリアに手伝わせてあげようよ。

というか、デュトを連れ戻したミストフェリーズこそ天上にのぼらせてあげようよ。

デュト様、全体的に思わせぶりすぎるよ。

 

そういえば舞台版では男性が演じるものの、映画版ではジュディ・デンチ演じるデュト様が完全に女性として扱われていたことも興味深かったです (歌詞がsheに変わっていました) 。

 

マキャヴィティの存在感

映画版は序盤からマキャビティが何度も姿を現します。

舞台版でも姿は現しますが、映画版のほうが印象に残る気がします。舞台版は高笑い以外しないですし。

映画版の最初にネオンのモリアーティーという文字をマキャビティに変えるあたりも、マキャビティの歌詞を知っているとにやりとできますね。

舞台版と映画版のマキャビティの決定的違いは、映画版のマキャビティは天上へのぼる猫に選ばれたいと切に願っていること。

舞台版はなぜ悪事を働くのかという根拠がないため、映画版のほうが説得力があります。

選ばれたいがゆえに、選ぶ権利を持つオールドデュトロノミーを誘拐するとか十二国記じゃん、これ。

 

ただ、マキャビティ、映画版だと他の猫ちゃんたちも攫いまくります。何あの誘拐の魔法。

最初に「自分は魔術師だ」みたいな台詞があり、ミストフェリーズとキャラ被りそう…と思っていたら、本当に魔法使ってました。

原作では、ミストフェリーズに魔術猫という名称が与えられていますものね。

なお、映画版でマキャビティの手下と化したグロールタイガーについても後述します。

 

ジェニエニドッツとバストファージョーンズの役割

先述しましたが、ジェニエニドッツは品がなく、バストファージョーンズもお洋服を脱ぐため気まずさを感じます。

さらにジェニエニドッツのシーンではゴキブリもネズミも出てくるし、ジェニエニさん、ごきちゃん食べちゃうし。

 

バストファージョーンズさんのシーンも生ゴミがたくさんで不快。

映画版の世界のコメディアンポジションの二匹なようですが、受け入れがたかったです。

個人的に舞台版のバストファージョーンズさんの登場の仕方が大好きなので (グリザベラの登場でシリアスな空気になっているのに、突然ぽてぽて歩きながら「いらっしゃーーい!」とにこにこ叫ぶところ) 、映画版のマキャビティと錯覚させて出てくる感じもなんか微妙。

明暗が突然切り替わる感じも舞台版のほうが好きです。映画版は中途半端。

でもあれですよ、バストファージョーンズ役のジェームズ・コーデンはなんだか安心感があります

一番最初に出てきたときは思わずくすっと笑ってしまいました。

 

グリザベラのメモリー:カメラワークが大問題

グリザベラの「メモリー」と言えば、『キャッツ』で一番の名曲です。『キャッツ』の世界に触れたことがなくても、聴いたことがある人は多いはず。

作中でも2回歌われます。うますぎ。ずっと聴いてたい。さすが。

が、2回ともジェニファー・ハドソンのアップが多すぎ

これは本作と同じくトム・フーパーが監督した映画版『レ・ミゼラブル』の「夢破れて」のシーンを思い出しました。

表情を見せたいのはわかるけど、全身から漂う悲壮感も見たかった

これは好みの問題でしょうか。

 

ただ、全体的にダンスの構成もかなり凝っていたので、引きの映像がもっと欲しかったです。

カメラの切り替えも多すぎて落ち着いて観ていられなかった。画面に酔う人いるのでは…。

たぶんこれは、普段は演劇のほうが見慣れているからもあるかもしれませんが。

 

あとあれですよね、グリザベラの過去が中途半端すぎる。

舞台版は娼婦という設定だったのが、映画版では落ちぶれたスターに変わっています。

まあこの変化は良いとして、映画版では「かつてマキャビティと組んでいた」という設定が付け加えられています。

マキャビティの台詞からも推測できる通り、マキャビティはショービジネスをやっていたようです。

だけどなぜ落ちぶれたの?マキャビティとの関係はどうなったの?

これには説明がほとんどないため、もう少し丁寧に描いてほしかったなあ。

 

アスパラガスとグロールタイガーの関係。ぐりどるぼーん?

早速余談ですが、アスパラガスことガスを演じるイアン・マッケラン、もはや猫に見えません。と思ったら、本人も猫を演じるつもりはなかったとのこと。

先日の『WSS』もそうでしたが、こういうお年寄り俳優 (全力の敬意…) がいるだけで舞台が引き締まって見えます。

あ、舞台じゃないや、画面。

ガスの最初の登場は老いぼれてみじめな雰囲気を醸し出していましたが、オールドデュトロノミーとのアイコンタクトに、若い猫は知らない絆を感じさせます。

あと、ガスの歌詞にある「最近の若いもんはなっとらん」的フレーズ (意訳) は、ほんとに最近の俳優に聞かせたいです。

というかあれですよね、『ローマの休日』を上演なさる東宝さんへのメッセージですよね。

 

さてさて。

舞台版では同一の俳優が演じるガスとグロールタイガー。

俳優猫のガスのかつて演じた当たり役がグロールタイガーという設定です。

ですが、映画版では、全く別の猫として描かれています。原作も別の猫ちゃんです。

ガスの当たり役は「荒野の悪魔」に変更。

そういえば「荒野」って、『キャッツ』の原作者T.S.エリオットの詩集のタイトルですよね。

劇団四季も当初はエリオットへの敬意を込めて劇団荒野にしようとしていたとか。

映画版もここで原作へのリスペクト精神を出してきたのでしょうか。

 

さて、映画版のグロールタイガーはまさかのただの悪役。マキャビティの手下。

ちょっとショック。

映画版のガスとグロールタイガーは、同じシーンに登場します。

マキャビティに誘拐されたガスが、最終的にはグロールタイガーを海 (テムズ川?) に突き落とすのです。わーお。

なかなかびっくりな展開でしたが、これはもしやガスのグロールタイガーへの決別?

学生時代に呼んだ「千の顔を持つ英雄」を思い出しました。

『スター・ウォーズ』にも通ずる、神話でよくある親殺し (オイディプス・コンプレックス) のことも。

グロールタイガーはガスの親ではありませんが、ガスがグロールタイガーを殺すことで、ガスはある種の解脱をしたのかもしれません。

 

あとあと。

映画版にはジェリーロラムもグリドルボーンも出てきません。こちらも舞台版では同一の俳優が演じます。

グリドルボーンもグロールタイガーの劇中劇の登場人物 (人物?) ですが、ジェリーロラムがグリドルボーンを演じているというわけではなさそうです。

ジェリーロラムはガスに寄り添う猫、グリドルボーンはグロールタイガーを破滅へ導くファムファタル猫です。

出てこないならそれでも良いのですが、マキャビティの曲でボンバルリーナ (『ムーラン・ルージュ』風に登場) が「マキャビティは、マンゴジェリーやランペルティーザ、グリドルボーンとは比にならない悪者」と歌います。

歌詞だけで登場!もったいない!!

 

スキンブルシャンクスは良いところ取り

そして現れたスキンブルシャンクス!

舞台版のスキンブルが大好きなのですが、あれ…?

まず衣裳が赤い。しかもズボン。舞台版は黒ベスト姿です。

黒い車掌姿になれてしまっているのですが、そっか、イギリスでは赤のイメージなのですね。

上でなく下を着ているということにむしろある種の変態ちっくさを感じる人もいそうです。

 

そして映像加工がなされていない超絶タップダンス

だがしかし。ダンスといえばミストフェリーズの専売特許では?

タップダンスも、舞台版旧演出のジェニエニドッツの見せ場でしたよね。

最後のターンも、ミストフェリーズがやってるものだし。ほら、例の劇団四季のCMです。

良いところ取りしてるしちょい役じゃーん。…とちょっと悲しくなったのでした。

 

結論

感想をだーっと書いていきましたが、思い出したことがあれば随時追加していきます。

とりあえず、「映画版『キャッツ』は玉ねぎを投げつけたくなる作品ではない!」とだけ言っておきます。

 

タイトルとURLをコピーしました