2019/6/14施行のチケット不正転売禁止法!行けなくなったときはどうすれば?

舞台・演劇・ミュージカル
この記事は約10分で読めます。

ライブエンタメ市場の拡大により、数年前から大きく問題視されるようになっていたチケットの転売。

この度、ついに、やっと!

2019年6月14日(金)よりチケット不正転売禁止法 (特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律) が施行されました!!

チケットの高額転売が禁止に!~チケット不正転売禁止法 6月14日スタート | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン
人気のコンサートや舞台、スポーツイベントなどのチケットを、業者や個人が買い占め、オークションやチケット転売サイトなどで定価を大幅に上回る価格で販売する「高額転売」。このような不当な転売により、チケットを本当に求めている人にとって入手しづらい状況が続いてきました。そこで、チケットの高額転売等を禁止するため、2019年6月...

 

今回は、転売の問題点、主な興行の対策、行けなくなったときの対応、ブロードウェイの事例をご紹介していきます。

 

ちなみに東宝演劇部の公式twitter、転売禁止法を話題にするのは良いのですが、会社としてのコメントはありませんか?笑

 

 

スポンサーリンク

転売がだめな理由

興業主が不利益を被るからです。

転売をした人は、定価以上で売買が成立すると、取引額と定価の差額が手に入ります。

「興業側は定価で売れれば黒字になるんでしょ?定価は支払われているんだからいいじゃん」と思われてしまうかもしれません。

ですが、高額で購入されてしまうと、もしかしたらその購入額と定価の差額分でもう1公演入場してもらえたかもしれないし、グッズを購入してくれたかもしれないのです。

あくまで「かもしれない」という可能性の話ですが、利益を得るチャンスを妨害されたとは十分に言えますよね。

 

これまで転売はダフ屋行為として迷惑防止条例等で取り締まられてきましたが、インターネットでの売買が主流となったため、今回このチケット不正転売防止法が作られたのです。

違反者には、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方が科されます

 

チケット不正転売禁止法

禁止されること

今回のチケット不正転売禁止法で禁止されることは主に2つ。

チケットを定価を超える額で転売すること

転売目的でチケットを購入すること

これをしてしまうとアウトです。

なので、定価以下での譲渡はおっけーなのです。

 

対象となるチケット

対象となるチケットもきちんと定義づけられています。

法文では特定興行入場券という名称なのですが、先ほどの政府広報の説明が分かりやすいので引用します。

 

不特定または多数の者に販売され、かつ、次の1から3のいずれにも該当する芸術・芸能やスポーツイベントなどのチケットを言います。※日本国内において行われるものに限る。

1.販売に際し、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、その旨が券面(電子チケットは映像面)に記載されていること。
2.興行の日時・場所、座席(または入場資格者)が指定されたものであること。
3.例えば、座席が指定されている場合、購入者の氏名と連絡先(電話番号やメールアドレス等)を確認する措置が講じられており、その旨が券面に記載されていること。
※座席が指定されていない立見のコンサートなどの場合、購入者ではなく、入場資格者の氏名と連絡先(電話番号やメールアドレス等)を確認する措置が講じられており、その旨が券面に記載されていること。


なお、招待券などの無料で配布されたチケット、転売を禁止する旨の記載がないチケット、販売時に購入者または入場資格者の確認が行われていないチケット、日時の指定のないチケットなどは、「特定興行入場券」には該当せず「チケット不正転売禁止法」の対象外となります。
チケットの高額転売が禁止に!~チケット不正転売禁止法 6月14日スタート | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン
人気のコンサートや舞台、スポーツイベントなどのチケットを、業者や個人が買い占め、オークションやチケット転売サイトなどで定価を大幅に上回る価格で販売する「高額転売」。このような不当な転売により、チケットを本当に求めている人にとって入手しづらい状況が続いてきました。そこで、チケットの高額転売等を禁止するため、2019年6月...

 

要は、チケット券面に「転売だめ」という説明や公演の詳細 (日時や席番) 、購入者の個人情報確認済みであることが記載されているチケットが対象です。

紙のチケットだけでなく、電子チケットも対象です。

 

今までの興行側の対応

基本的には注意を呼び掛けることがメインでした。

その他は、チケットに購入者の名前を印字購入元により券面のデザイン変更など。

後述する公式リセールのシステムは劇団四季がいち早く導入しましたが、他社はあまり追随していませんね…。

 

劇団四季やホリプロは転売サイトを名指しして警告しています。

宝塚も公式サイトのマナー紹介ページで転売サイトやダフ屋の利用を避けるよう注意を呼び掛けています。

 

劇団四季の観客への注意喚起と転売サイトへのメッセージ

→ https://www.shiki.jp/special/info/warning/index02.html

 

ホリプロはよく注意を促している印象です。

 

2019年4月には、4~5月に帝国劇場で上演の『レ・ミゼラブル』に関して、東宝演劇部が転売による無効座席を公表し話題になりました。

帝国劇場 ミュージカル『レ・ミゼラブル』
ミュージカル『レ・ミゼラブル』2019年全国五&#22...

転売の特定方法は分かりませんが、きっと地道に転売サイトを巡回したのだと思います。

 

転売サイトとされるサイト側の対応

上記で提示されているように、チケット流通センター、viagogoなどが現在主流の転売サイトです。

もちろんこういったサイトも転売の温床になっている自覚はありますが、もともと転売によるトラブルは利用者同士で解決してくれというスタンスを貫いています。

そのため、「転売サイトで高額のチケットを買ったのに入場できなかった!」と泣き寝入りをする人も多発しています。

利用にはかなりリスクがあるので、私は使用したことがないです。

 

今回の法律の成立を受けて、チケット流通センターは利用者に説明をしています。

「チケット不正転売禁止法」施行にともなうご注意│チケット流通センター
「チケット不正転売禁止法」施行にともなうご注意。チケット流通センターはチケットの売りたい買いたいをつなぐ個人間のチケットお取次ぎサービスです。

要は、「転売して利益を得ることを目的でチケットを買うこと、転売することはアウトですよー気を付けてね~」ということですね。

 

では行けなくなったときどうすれば良いの?

諦める

いきなりびっくりされてしまいそうですが、仕方のないことです。

購入時に「キャンセルも変更不可」という条件を承認しているはずですので、スケジュール管理をうまくできなかったあなたの責任です。

不可抗力の事態が起きたのかもしれませんが、それこそ興業の責任ではないです。

チケットは金券なので、そもそもクーリングオフの対象ではないんですよね。

ただ、もし自然災害等で劇場に行く手段が全くなくなってしまうといったことがあった場合は、振替や返金をしてもらえる可能性が高いです。

自分の都合は自己責任です。

 

家族や友人に譲る

厳しいこと言いましたが、一番手っ取り早いのは家族や友人に譲ること。

定価や一部料金、無料でも何でもありですが、定価を超えるとアウトなのでご注意を。

信頼できる人に行ってもらいましょう。信頼できる人ですよ!

こういうときはTwitterの”お友達”も助けてくれますよね。

 

興業の公式リセール

諦めがつかない、譲る相手もいない…なんてときは、公式でリセールできるサービスを使いましょう。

以下二つが有名です。

どちらも取引相手と直接やり取りをする必要はありません。

チケトレ

音楽業界公認のチケット二次販売サービスです。

チケトレ|音楽業界公認-公式チケットトレードリセール
【音楽業界公認】「チケトレ」は、すべてのエンターテインメントを楽しみたい人のための公式チケットトレードリセールサービスです。登録は無料!「チケトレ」は音楽業界で公認された唯一の公式チケットトレードリセールサービスだから安心してチケットの出品、購入から公演までスムーズにお取引していただけます。

取り扱う公演が多岐に渡っています。

 

劇団四季の出品サービス

劇団四季の公演に限ったものですが、独自のシステムで出品ができます。

チケットの出品について | idセンターヘルプ
登録無料・便利な劇団四季idセンターに関するご利用方法についてご案内します。

こちらの優れた点は、もともとまだ売れていない席と出品された席が分からないことです。

ただし、出品が成立しないまま公演2日前になると、出品者の元にチケットが戻ってきます。

そうなると諦める羽目になりますのでご注意。

また、出品が成立した場合、現金ではなく劇団四季のギフトカードで返金されます。

どのみちいつか四季を観に行くことになります。

 

定価以下の譲渡サイト

東宝では、おけぴという譲渡サイトの利用を案内しています。

おけぴチケット救済(定価以下限定チケット掲示板)

こちらは定価以下でのやり取りのみ、正規ルートで購入した際の手数料の徴収も禁止されています。

ただし、劇団四季ではおけぴも容認しておらず、あくまでも自社のシステムの利用を勧めています。

譲渡サイトの注意点

チケットを譲渡した後、取引相手が転売するというリスクがあります。

また、譲渡するにしてもしてもらうにしても、取引相手と直接やり取りをする必要もあります。

私は大学生の頃はおけぴでチケットを探したこともありましたが、今はこのやり取りが面倒で使わなくなってしまいました。

 

興業側が努力しなくてはいけないこと

実際のところ、ユーザーのモラルや良心に訴えかけることで対策している状態が続いています。

2019年6月からは法規制が行われますが、それでも興業側が今以上にしっかりと対策に乗り出す必要があります。

私は以下の2点が足りていない状態かなと思っています。

 

本人確認

入場時の本人確認ですね。

これは演劇よりも音楽業界のほうが熱心かなと思います。

まず浮かんだのが嵐なのですが、こちらの方のブログがとっても分かりやすいです。

【実話】嵐 本人確認2019 突破→入場した人の事例公開【同行者のみOK】|Lyfe8
「嵐 5×20 and more」での本人確認について、これからコンサートへ行かれる方向けに情報をまとめました。 裏ワザ

身分証、会員証、電子チケットを提示し、スタッフが目視確認をしているようです。

とんでもない人件費…。

 

宇多田ヒカルさんなどはNECの顔認証システムを用いていますね。

こちらのほうが人件費も削減できますし時短にもなります。

生体認証製品・ソリューション一覧(目的・課題で探す): 生体認証 | NEC
NECは世界トップクラスの生体認証技術を活用して多くの製品、ソリューションをご用意しております。目的や課題など絞り込んで製品、ソリューションをお探しいただけます。

 

演劇はこういったコンサートよりライトなファン層の来場も多いですが、先行抽選に参加する人だけでも本人確認をするといったことはあっても良さそうです。

 

価格の多様性

これ、ブロードウェイの例を後述しますが、もっといろんな金額のチケットがあって良いと思います。

買う人がいるから売る人がいる=高額でも買える人がいる=定価を上げちゃえ!

という考え方です。

良席を値上げして、後方席を値下げもしくは学生料金の設定等をすれば消費者としては納得がいきますよね。

こちらは古い情報で申し訳ないのですが、ウィーンの国立オペラ座の座席表と料金表です。

細分化されていることがよく分かります。

日本もどこかの劇場で試験的にこれくらいやってくれないかなー。

http://www.austria.info/media/17081/Preise_Sitzplan_Staatsoper2014_2015.pdf

 

転売とは少し話がずれますが、最前列と見えにくい席が同一料金の作品も多いので、料金を細分化することで不公平さも緩和できると思います。

興業主としては料金体系が複雑になることによって仕事も増えますし、逆にクレームも起きると思うのですが、個人客からしたらこういったことに取り組んでほしいと思います。

日本の演劇業界は学校や企業の団体客も多いため、そちらとの兼ね合いも難しそうですが…。

 

ちなみに先日、東宝の取締役が株主総会でこんな発言をしていたようです。

いやいやもう少し見えやすさに準じて座席割を細分化すべきだと思いますよ…。

 

ブロードウェイの転売対策

以上、日本のライブイベント業界の転売問題について書いていきましたが、海外でもチケット転売問題は起きています。

例えばブロードウェイ。

 

ブロードウェイでは、ほとんどの作品でプレミアム席という超良席を販売しています。

(詳しくはこちら。初めてでも一人でも大丈夫!ブロードウェイのチケットの買い方!)

そもそもプレミアム席が作られたきっかけは、実は転売対策だったんです。

それは、映画化もされ、日本でも上演されたことのある≪The Producers≫という作品においてのこと。

数か月先までチケットが取れない状況が続いた上に転売も横行し、負のループが続いていました。

そこで一部の席の定価を引き上げ、プレミアム席として販売し始めたのでした。

それでもすぐ売り切れたようですので、この作品の人気は絶大だったのですね…。

 

現在は≪Hamilton≫という作品でも同様のことが起きています。2016年にトニー賞を受賞した作品ですね。

転売対策で定価をブロードウェイ史上最高額の$849まで引き上げましたが、それでも転売は止まず、なんと$10,000で取引される例もあったとか。1万ドルですよ、1万ドル。約100万円。

今も公演回によっては公式で$1,000近くで販売されている状態で、$300~400くらいで買えたらラッキーです。

 

まとめ

ということで、2019年6月14日(金)からは、

チケットを定価以上で転売したり、転売目的でチケットを手に入れると法律に触れることになります。

せっかくチケットを手に入れた公演に行けなくなってしまったときも、行きたがってる人にチケットを売りつけて利益を出そうなんて考えないようにしましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました